一身独立

多動性を発揮し、「21世紀の百姓」を目指す27歳元エリートのブログ。

純ジャパの私が英会話を身に付けた体験談


英語読解指導サーヴィスを始めたので、自分の英語学習の履歴を書いていきたい。

中学時代は極めて普通の日本の中学校で、英語を習い始めた。当時は特に関心はなく、ただの成績の良い生徒だった。ALTの教師に積極的に話しかけることもなかった。

高校は少し特殊で、英語教育にも力を入れている私立の付属校だった。ネイティヴの講師が4人いて、時々話しかけることもあった。短い英文であれば、話すことも出来たと思う。"This is my second ipod."とか。

模擬国連サークルへの参加

大学に入って、何度かブログで書いている模擬国連に参加するようになった。これが自分の英語力の基礎をつくることになった。なにせプロが書いている外交文書を浴びるように読んだ。ノン・ネイティヴにも解りやすく書かれている場合が多いので、読みやすかったし、関連する語彙もついた。

国際会議への参加

2年生の時、模擬国連で初めて外国人と会議をした。中国人と韓国人と日本人が参加した会議で、この時のあまりの自分の英会話スキルのなさ、そして中国人と韓国人のスキルの高さに愕然とした。中国人には英語が上手く出てこず、笑われたこともある。ここで覚えた危機感が、後の学習につながっていく。

瞬間英作文

自分の英会話スキルを改善しようと、いろいろと調べていた時に出会ったのが、「瞬間英作文」だった。これは左ページに日本語文、右ページに英文が書いてあり、左ページを見て短時間で英文をそらんじることを目指す訓練である。これを中学英語について、やってみた。この時に英会話の基礎である、英文法に従って単語が口をついて出てくる回路が出来た。しかしそれはこの後の実践で、ようやく確認出来たのである。

スカイプ英会話withフィリピン人

瞬間英作文をやった後、実践で英会話をしてみたくなった。これもインターネットで調べ、フィリピン人とのスカイプ英会話のサーヴィスを始めた。

詳しくはこちらの記事を参照して欲しい。

flatenergy.hatenablog.com

しかしこの方法は、安く数をこなしたい当時の私にとって、非常に有効だった。

フィリピン人は、正確にはネイティヴ・スピーカーではないが、6歳から英語を学び、完璧なコマンドを有している。彼らから英語を学ぶ意義は大きい。
個人的には、日本人の中学生がフィリピン英会話をもっとやれば、日本の英語教育は劇的に変わると思っている。

基礎となる回路が出来ていない人が英会話をみだりにやっても、無駄に時間を過ごすだけだ。まず基礎となる回路をつくってから、実践の会話をたくさんこなせば、英会話が上手く、そして楽しくなるだろう。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン