一身独立

多動性を発揮し、「21世紀の百姓」を目指す27歳元エリートのブログ。

揺らぐ覚悟


私は今、エネルギーのことを仕事にするという覚悟を諦めようか、迷っており岐路に立っている。

元々エネルギーのことを調べ始めたきっかけは、二つある。

一つ目は、模擬国連サークルの活動で、国際問題を浅く広く知っていく状況に危機感を覚えたためだ。このままでは器用貧乏で終わってしまう。何か一つだけでも良いから、自分の強みとなるような分野を求めていた。その想いに偶然合致したのが、エネルギーだった。

二つ目は、高校時代の教員に「知識は武器にしなければ意味がない」と言われたのを思い出したためだ。それと同時に自分が自立するための武器になる知識を欲していた。その想いに合致したのが、エネルギーだった。

エネルギーのことを調べてはきたが、結局自分は人に興味があり、全ての人の生存権を守りたいと考えている。エネルギーのことも、最低限の豊かな生活に欠かせないからこそ関心を持ち続けられた。気候変動という形で人々の生活を脅かすからこそ危機感を持ちながら、勉強を続けてこれた。

結局人権や生存権を守る手段であれば、専門性を持つ分野はどこでも良かったのだと思う。教育も医療も重要だ。私がたまたま着目したのが、エネルギーだっただけだ。

お金をもらうからには、それなりの対価を提供出来なければならない。今、自分にその力量がないことがただ悔しい。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン