一身独立

多動性を発揮し、「21世紀の百姓」を目指す27歳元エリートのブログ。

学生の本業を理解していない太陽光パネル・メーカー「アンフィニ」の独善的態度


腹の立つことがあったので、つらつらと書いていきたい。
もしかしたら、物議をかもすかもしれないが、その時はその時だ。

今日メルマガで偶然「アンフィニ」という企業があるのを知った。

https://infinigroup.co.jp/

日本資本の太陽光パネル・メーカーのようだ。中国に工場を持ち、福島にも工場を立てるという。復興に貢献することを謳っているようだ。評判は良いのだろうか。

興味を持ったので、説明会に訪問してみようと思った。
しかしこれが後に間違いであることを知ることになった。

まずはウェブサイトを通じてマイナビでエントリーした。説明会が開かれる予定らしいが、全日程授業と被っていた。
最初は諦めようかと思った。しかし現時点での志望度は高かったので、ダメモトで電話で問い合わせしてみた。

授業と被っているので、他の機会で話を聞く機会をつくってほしい旨を伝えると「4月は無理で、5月なら解らない」という回答だった。

ひどいのがここからで、学業が本業で就職活動は本業ではない旨を伝えると、「そのようなことを言う方はうちでは働けない」という旨の回答を頂いた。こちらは正論を言っているのに、なぜかマイナス評価をつけられたようだ。
学生なのだから、学業が本業なのは当たり前のことである。では、授業に真面目に通って空き時間に就職活動をする学生と、授業をサボって企業の説明会に行く学生のうち、どちらを企業は欲しがるのだろうか。私にはどちらの採用活動が正解かは解らないし、考えたくもない。

日本の「新卒」をターゲットとした就職活動が、奇異な慣習であることは、かなり多くの人に知られるようになったと思う。わずかな差を大きく見せるためにどうすれば良いか、が問われ、悩むのに疲れた学生も少なくないはずだ。
個人的見解としては在学中の学生への企業の接触は禁止した方が良いと思う。いくら選考時期をいじくろうが、学業・研究の邪魔になっているのは疑いようがない。

アンフィニ」が硬直的な対応で機会損失していることに気付く日は来るのだろうか。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン