一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

そもそもなぜエネルギー・シフトが必要なのか。


エネルギー・シフトとは、特に電力について、現状の火力・原子力中心の運用から、省エネと再エネ普及によって、再エネ中心の運用に転換することを意味する。
以下の図が解りやすい。

f:id:flatenergy:20170402111150g:plain
環境エネルギー政策研究所(ISEP)資料

その利点は三点ある。

分散型国産電源

火力発電・原子力発電はシステムが大きく、一つの設備のトラブルが、停電などにつながる大きなリスクを持っている。対して風力発電太陽光発電のような分散型電源は、文字通りリスクが分散しており、より供給途絶リスクが低い。

また火力発電・原子力発電は燃料を輸入に頼っており、チョーク・ポイントなどでの供給途絶リスクとも無縁ではない。

コストが安い

自然エネルギー財団」の木村氏の論考によれば、日本も既にグリッド・パリティ(火力・原子力などからの既存の送電網から供給される電力より、太陽光発電の方が安くなること)に達しているという。

http://www.renewable-ei.org/column/column_20150730_02.php

既に30以上の国で、太陽光は石炭より安くなっている。

環境負荷が低い

気候変動や大気汚染、放射能汚染を起こさず環境負荷が低いのは、誰でも知っている通りだ。石炭は大気汚染や気候変動だけでなく、採掘中の事故などでも人を殺しているので、利用を続けるのは罪深いと言って差し支えない。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン