読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

将来の電力供給を現在のコストで語るな。

日本の包括的なエネルギー政策


電力の話をしていると、「再生可能エネルギーのコストは高いから、大規模導入は出来ない」という意見を耳にすることがある。しかし現在のコストで電力供給体制を語ることは二重の意味で間違っている。

まず現在のコストが将来も続くわけではないことが挙げられる。量産効果と学習効果によって、世界では変動型再生可能エネルギー(風力・太陽光)の価格は下がっている。日本もこのトレンドが波及すれば、電力供給体制は根本から転換を迫られる。

二点目に、将来のコストは比較出来ない。電力生産のコストは、火力発電の燃料費、原子力発電の廃炉費用・使用済み核燃料処理費用など、予測不可能な要素が多くある。

従ってエネルギー供給の肝である「3E+S(経済性・供給安定性・環境性+安全性)」のうち、経済性を過度に重視して将来に渡る投資判断をするのは誤りである。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン