読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

電力会社選びのポイント


2016年4月から低圧(家庭・小規模事業者)向けの電力小売りが自由化された。しかしまだまだ電力会社を切り替えたという人は多くない。その要因の一つが、情報が行きわたっていない点にあるだろう。
今日は家庭や商店の電力会社乗換のポイントを解説したい。

シミュレーションで安くなるか

まずは今の電力会社の明細を用意し、これをやってみるのが良いだろう。大手を中心に電力会社のウェブサイトには、一般電気事業者(東京電力など)と比べてどの程度価格が変わるか、というシミュレーションが出来るようになっている。また「エネチェンジ」という比較サイトでも、シミュレーションが行える。

https://enechange.jp/

ポイントなどの特典が受けられるか

Tポイントや、Pontaポイントなどの「共通ポイント」が貯められるかどうかも、電力会社を選ぶ上で重要な要素だ。Tポイントはソフトバンクの「ソフトバンクでんき」などで、Pontaポイントはローソンと三菱商事が展開する「まちエネ」などで貯めることが出来る。

契約期間に縛りがあるか

ENEOSでんき」などは、携帯電話会社のように2年間契約する代わりに、割引をする料金プランを用意している。

基本料金があるか

東京電力や多くの電力会社は基本料金と従量課金の組み合わせの料金となっている。しかしベンチャー企業の「looop」は、基本料金がないプランのみで勝負している。

顧客対応

今の段階ではあまり情報が集まっていないが、顧客の疑問にどのように答えるか、電話対応を受け付けているか、なども契約変更前に確認する必要があるだろう。

地域に根差した企業か

都市ガス会社やプロパンガス会社などの地域に根差した企業が、全面自由化を機に参入している場合もある。選ぶ際の軸として、地域の企業を応援するという軸があっても良いだろう。

石炭・原発由来の電気をつくっているか/再生可能エネルギーの電気をつくっているか

電力会社の電源構成は、様々な議論の結果、開示の義務はないことに決まった。しかし「エネチェンジ」では、電源構成を開示している会社は電源構成も確認することが出来る。今のところ、再エネの割合で圧倒的なのは、ソフトバンクだろう。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン