読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

「電力自由化に関する意識」調査

再生可能エネルギー 電力システム


読者諸兄は既に電力会社を切り替えただろうか?

4月に始まった電力小売り全面自由化。現在低圧で電力会社を切り替えた人は8月時点で2.2%、東京電力管内では3.9%だそうだ。
切り替えた人たちは、ちょうど「イノベーター理論」でいうイノベーターだ。我が家も切り替えたので、アーリー・アダプターにはなれそうだ。

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1611/30/news028.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=facebook

電力会社を切り替える理由として、多くの人は何を挙げているだろうか。電通が出している「消費マインド調査」レポートを見てみよう。

http://dii.dentsu.jp/project/%E3%80%90%E6%B6%88%E8%B2%BB%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%912016%E5%B9%B43%E6%9C%88%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88.pdf

電力会社を変更しても良い理由は「電気代が安くなりそう」が最も高く76.7%、次いで「セット料金などの割引サービスを受けられそう」が挙げられている。価格に魅力を感じて、電力会社を変更する人が圧倒的に多いようだ。
我が家が変更した「looop」という会社も、再エネのみならず価格が安くなることも重要な要素だった。やはり価格の訴求力は大きい。

https://looop.co.jp/

原子力発電でつくられた電気を購入したくない」は7.7%、「再生可能エネルギーで作られた電気を選べそう」は5.5%に留まっている。
NPOが展開している、地域資本で再エネを推進する会社を支援する「パワーシフト」キャンペーンというものがあるが、大衆に影響を与えるには至っていないというのが正直なところだろう。

http://power-shift.org/

希望の光があるとすれば、電力会社比較サイトの「エネチェンジ」では電源構成も見られることだ。

https://enechange.jp/

これが少しでも、エネルギー・シフトを志向する人が増えるきっかけになってほしい。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン