読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

やってみたい因果推論の研究

エネルギー貧困


私がエネルギーを勉強し始めた理由の一つに「エネルギーは人々が最低限豊かな生活を送るために欠かせない」という認識を持ったことがある。

それを説明しているのがこのグラフで、1人あたりGDPが上がればエネルギー使用量が上がり、エネルギー使用量が上がれば1人あたりGDPが上がると言う関係が認められる。つまり「1人あたりGDPとエネルギー使用量の間には有意な相関関係」があるのである。
f:id:flatenergy:20161019165013p:plain
http://www.eea.europa.eu/data-and-maps/figures/correlation-of-per-capita-energy

このことを持って一概に「1人あたりGDPが上がると、エネルギー使用量が上がる」という因果推論を行うことは出来ない。因果関係が逆で「エネルギー使用量が上がると、1人あたりGDPが上がる」のかもしれない。また第三の要因が、1人あたりGDPとエネルギー使用量の双方に影響しているという可能性もある。

先行研究はまだ読めていないが、これから当たっていく予定だ。

かなり先行研究はあるようで、グーグル・スカラーで30程度の先行研究が上がっていた。
一つ一つ読んでいくのが、しんどいが楽しみだ。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン