読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

未来が見えている人と、見えていない人の違い

今日は以前からなんとなく感じていることについて書く。

個人的には未来が見えている人と、そうでない人がいると思う。

予知能力とかそういう話をしている訳ではない。事実の観察を積み重ねた結果として、将来予測が出来てしまう人と、そうでない人がいるという話だ。

テスラの創業者であるイーロン・マスクも、未来が見えている人の一人だろう。彼には世界のエネルギー需給が逼迫する未来や、人類が火星移住を迫られる未来が見えている。

未来が見えている人は他人の理解を得られにくい、という側面があると思う。

本人からすれば、そうなることは自明のことを、いちいち他人に説明するのは煩雑かもしれない。イーロンも、社員に対して「なぜこんなことも解らないんだ!」と怒りを露わにしたこともあったようだ。

しかし未来が見えている人と、見えていない人の間には絶対的な隔たりがある。未来が見えていない人には、未来が見えている人が現実を見る上での前提を全く共有することが出来ない。このようにして、未来が見えている人は孤立していかざるを得ないのではないだろうか。

なんだかの希望のないような話であるが、これもリーダーやエリートや天才と呼ばれる人の宿命なのかもしれない。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン