一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

視察に行きたい! 地域エネルギー事業の取り組みを3つ集めてみた。


今日はエネルギーに関心のある人なら、ぜひ視察に行きたいであろう、地域エネルギー事業を紹介していく。


まずは岩手県葛巻町だ。葛巻町は、私が再三唱えている「エネルギー自立(地域内のエネルギー需要を全て、地域内のエネルギーで賄うこと)」を既に達成している、日本では稀有な自治体である。
高原が広がる町では、酪農がさかんで、吹き抜ける風を利用して風力発電は、22MWに上る。
酪農に付随して出てくる畜ふんも、バイオガスプラントを用いて有効活用しているという。
視察も無料で受け入れているそうなので、ぜひ行ってみたい。

続いては岡山県西粟倉村だ。
豊富な森林資源を活用してベンチャーが育っているのが、この村の特徴で、「村楽エナジー」は木質バイオマスを事業の中心に据えている。
こちらのリンク(http://www.sonraku-energy.com/aboutus/)の「村楽エナジー」の「私たちについて」が、過疎化する地域にエネルギー自立が不可欠なことを暗に示している。ぜひ読んでみてほしい。

首都圏からは、東京都八王子市の一般社団法人「八王子協同エネルギー(http://8ene.org/)」の取り組みを紹介したい。
元々は市民の勉強会の集まりで、3.11や原発事故について取り上げたことをきっかけに、市民エネルギー事業に乗り出した。その時には、遠隔地の電力には頼りたくない、東電に代わる選択肢をつくりたい、という思いがあったという。
地縁を頼りに太陽光パネルを載せてくれる場所を見つけ、現在三か所の太陽光発電所を運営している。
その特徴は二つある。一つはお金の集め方で、知り合いを中心に全額市民からの出資で集めているという。
もう一つは売電先で、東京電力ではなくPPS(新電力)ベンチャーの「みんな電力」に売電している。
ものすごく知識があるのに、ほぼボランティアで事業を運営しているので、驚いた覚えがある。
視察も随時受け入れているので、ぜひ連絡をとって頂ければ嬉しい。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン