読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

ダイヴェストメントは効果的か?

ダイヴェストメント


今日は「Newyorker」という雑誌の、「Does divestment work?(ダイヴェストメントは機能するか?)」というタイトルの記事を見つけたので紹介したい。

http://www.newyorker.com/business/currency/does-divestment-work

筆者によればオックスフォード大学の報告書が、ダイヴェストメント・キャンペーナーに対して、ダイヴェストメント・キャンペーンは直接株価に影響を与えることは出来ないと警告しているという。

非倫理的か中立な投資家から、ダイヴェストメント対象企業は資金調達出来るためだ。

確かに350.orgも、ダイヴェストメント・キャンペーンが直接ダイヴェストメント対象企業の株価に影響を与えられるかどうかには言及していない。

ただ長期的に見れば、業界にスティグマを与えることに成功すれば、化石燃料業界で働きたい人が減って、人件費が上がるという効果があると筆者は述べている。

筆者はキャンペーンが直接株価に影響を下げる効果があると、人々をミスリードすることを懸念している。

確かにこの懸念は妥当なものだと思う。ダイヴェストメントの狙いは、結果的にはダイヴェストメント対象企業の株価を下げて倒産に追い込むことかもしれないが、その前に投資家や一般人の間でのダイヴェストメント対象企業のステータスを貶める必要がある。
キャンペーンを行っていく上で、想定する順序を間違えてはいけないと改めて思った記事だった。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン