一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

気候変動だけじゃない。石炭火力発電所の環境汚染――大気汚染の被害のインパクト


先進国では克服されたイメージのある大気汚染。しかし実際には、今でも多くの命を奪っている。

7月に複数のNPOが発表した報告書によれば、EU域内の257の石炭火力発電所から排出された粉じんが、2013年に約23000人の死と関係していたという。また慢性気管支炎やぜんそくの原因にもなっているという。

http://www.afpbb.com/articles/-/3092923

藤沢数希は著書の中で、日本が脱原発に踏み切った場合に大気汚染によって増える死者は年間に3000人程度にのぼると推定している。この数字のインパクトは大きい。交通事故の死者数である4000人以上には及ばないものの、大きな数字だ。

また先日IEAが発表した報告書によれば、大気汚染を原因とする死者は毎年650万人に上る。屋外での大気汚染による早死には、年間300万人に上り、今後もアジアを中心に増えていく見込みだ。

【参考文献】
藤沢数希(2012)『反原発不都合な真実新潮新書

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)

「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン