一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

化石燃料を過去のものに。


ダイヴェストメントについて調べる中で、特に印象に残っているのが、Divest Harvard(ハーヴァード大学のダイヴェストメント運動)のwebサイトに書いてあったことだ。

http://divestharvard.com/

そこでは「(自分たちの目標は)化石燃料を歴史にする」ことだと述べていた。現在世界のエネルギー供給の80%以上は化石燃料が占めている。我々の文明は「化石燃料中毒」によって成り立っている、と言っても過言ではない。
そんな化石燃料がない未来を想像し志向し行動出来る。まさにグローバル・エリートが集まるハーヴァードならではの言葉だと思った。

ダイヴェストメントの根底にある思想は、政府や金融資本と言った権力への対峙・監視にある。ある意味では、ジャーナリズムに似ている。ダイヴェストメントの場合、その具体的な手段が化石燃料のステータスを落とし、化石燃料を歴史にすることである。

いつの時代も権力を持ち、現状維持を志向するエスタブリッシュメントと、それに反抗する勢力がいる。私はどうやら後者の方が向いていると思う。これからは虐げられる人のそばに寄り添える人を目指して精進していきたい。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン