一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

毎月のスマートフォン代を安く抑えたいなら、2台持ちがお勧め!


毎月のスマートフォン代を安く抑えたい。そんな要望を持っている方は少なくないのではないだろうか。そのような方には是非2台持ちを勧めたい。

2台持ちのメリット1:月々の維持費が安くなる。

例えばスマートフォンとしてドコモの端末を契約すると、少なくとも6000円はかかってしまう。2台持ちならば、これを3000円程度に減らすことが出来る。

信じられないと言う人もいるだろう。なぜ台数が増えて料金が下がるのか、不思議に思う人もいるかもしれない。

条件としては簡単で、ドコモとの契約はガラケー(フィーチャー・フォン)で、MVNO(格安sim)のデータ通信のみのプランをスマートフォンで契約すれば良い。

ガラケースマートフォンほど維持費がかからない。ドコモなどの三大キャリアでは、ガラケースマートフォンでは全く別の料金プランが用意されているのである。

そしてMVNOでデータ通信の費用を抑える。ドコモやauの標準的なプランでは、7GBまで自由に使えるようになっている。しかし7GBも使うのは、外で動画を観るようなヘヴィー・ユーザーで、ライト・ユーザーは使用量が少ないにも関わらず高額な料金を支払っている場合が多い。
このライト・ユーザーにお勧めなのが、1GBまで利用なら1000円程度に収まるMVNOである。

二台持ちのメリット2:リスク分散

携帯電話は冷蔵庫などの様に動かないものではないので、とても壊れやすい。また電池切れで使えなくなるリスクもある。万が一片方の携帯電話が使えなくても、もう片方でなんとか連絡を取ることが出来て助かる場合はままある。
私は東日本大震災の時に首都圏の電車が止まって東京の西荻窪駅で動けなくなった。この時近くに住む友人と連絡を取るために、androidスマートフォンを使っていたのだが、電池容量が少なくいつ電池が切れるか気が気ではなかったのを覚えている。
この時の経験以来、2台持っていること自体が直接安心につながることを実感した。

MVNOのプランに音声通話をつければ良いのではないかという意見もあるだろうが、MVNOの音声通話プランは無料通話がついていないので、料金が大幅に高くなってしまう恐れがある。何らかの事情でラインやスカイプが使えず、通常の電話番号でたくさん電話をしなければならない場合のみ、三大キャリアとの契約を維持しておいた方が良いのだ。

私が使っているのは、ドコモのガラケーと、MVNOの一つである「ビック・シム」をシム・フリーのスマートフォンに入れた2台である。

http://www.biccamera.com/bc/c/service/bicsim/

ビック・シムのメリットは、データ使用量を自動的に1日30MBに抑えてくれることである。これによって、月の途中に決められた容量を使いきり、月末まで通信制限を受けることがなくなる。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン