読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

【書評】『異常気象と人類の選択』

書評 気候変動


筆者は気候変動(地球温暖化)のリスク分析の専門家である。

この本の特筆すべき点は、気候変動懐疑論に丁寧に回答している点である。「人間が排出した温室効果ガスによって、『人為的に』地球温暖化が引き起こされている」という仮説は、数多の検証をくぐり抜けた「事実」として科学者に受け入れられている。しかしこの仮説に疑義を呈する科学者もゼロではない。日本では丸山茂徳、深井有などが挙げられ、テレビ番組や書籍などを通じて主張を行っている。このような主張をする人々を懐疑論者といい「地球温暖化は起きていない」「地球温暖化は起きているが、これからは寒冷化する」「地球温暖化は起きているが、人為的に引き起こされたものではない」などの主張を行っている。

筆者は「温暖化論が間違っている可能性はゼロではないが、間違っているという証拠は今のところない」と結論付けている。私はこの主張を批判するのは難しいと考える。気候変動のメカニズムの理解には、高度な地球物理学や気象学の知識が求められ、非専門家がその正否を判断することは確かに難しい。これを踏まえて科学的不確実性に基づく「不可知論」を持ち出し、気候変動が人為的によるものか解らないから、気候変動対策をしないでおこうと主張する人もいる。

もちろん科学の世界の話であるため、現在想定されてない因果メカニズムが発見されて「人為的地球温暖化」説が覆される可能性は残されている。しかし多くの科学者の検証に耐えているこの説に暫定的な承認も与えず、何も対策をしないというのは合理的な人間のとる態度ではない。

それでも懐疑論を信じるのが合理的と考える人は、懐疑論者の術中にはまっている恐れがある。

急激かつ大規模な気候変動対策は、エネルギー需給の構造を大きく変え化石燃料産業の既得権益を脅かす。そのような既得権益を持っている人々は、明確な動機を持って懐疑論を主張する。彼らにとってみれば、「議論の余地が残っている(から、気候変動対策はまだしなくてもよい)」と人々に信じさせることが出来れば良いので、積極的に懐疑論者を持ち上げているわけだ。

良識のある市民の皆様は、そのような懐疑論の罠にはまらないようにして頂きたい。

異常気象と人類の選択 (角川SSC新書)

異常気象と人類の選択 (角川SSC新書)


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン