読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

「低廉で安定した」エネルギー供給のディレンマ


「低廉で安定した」エネルギー供給とは、エネルギー供給にたずさわる者全てが目指す大原則だ。しかしその両立はことのほか難しい。

なぜなら「低廉」を目指すと、安いエネルギー源に集中的に投資するのが理にかなっているためだ。一方「安定」を目指すと、一つのエネルギー源が使えなくなったときのリスクヘッジのための、エネルギー源の多角化が理にかなっているためである。

さらにここで出てくるべきなのが環境と言う軸だろう。大気汚染や地球温暖化をもたらすエネルギー源に頼りすぎないという軸である。これら低廉(economy)、安定(energy security)、環境(environment)という3Eが、エネルギー政策を考える上では比類ない重要性を持っており、この三つをバランスさせることが、エネルギー問題を解くことだと言える。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン