読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

就職活動で外資を(ほとんど)受けなかった三つの理由


高給でグローバルに仕事できて転職に強いスキルもつく、三拍子そろった就職先として外資系企業は人気だ。

現在就職活動をしている私がなぜ外資を(ほとんど)受けなかったか、書いていく。

1.「アップ・オア・アウト」のリスク

一点目に挙げられるのは、外資の慣習である。「アップ・オア・アウト」とは、昇進できなければクビという、外資の厳しい慣習を指す。3年働いて適性がないことが解れば、何も実績がないまま転職市場に放り出されるという危険性があるのだ。このようなリスクはさすがに負えないと感じたため、外資は受けなかった。

2.社員を育てる余裕のなさ

日本にある外資系企業は、日本に本社がある日本企業とは異なり、多国籍企業の数ある支社の一つに過ぎない。そのため年中人が足りておらず、新卒全員を丁寧に指導する余裕がないという。仕事について何もわかってない新卒の中には、勝手に自分で育つ人もいれば、先達の丁寧な指導があってはじめてものになる人もいる。自分が前者だという確信が持てない以上、丁寧な指導を受けられる職場をファースト・キャリアに選んだ方が安心だ。

3.仕事に全てを捧げる激務

日付けが変わるまで働くのは当たり前だという、激務だ。私は飽きっぽい性格なので、恐らく同じことを一日中やり続けるのは、体が耐えられても心が耐えられないだろう。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン