一身独立

多動性を発揮し、「21世紀の百姓」を目指す27歳元エリートのブログ。

「逆求人」型就職活動支援サービス、どれが良いの?


就職活動に欠かせないものの一つと言えば、ナビサイトだろう。ありとあらゆる企業の情報が載っている。有名どころはリクルートが運営する「リクナビ」と毎日コミュニケーションズが運営する「マイナビ」だろうか。

リクナビ
http://job.rikunabi.com/2017/

マイナビ
https://job.mynavi.jp/17/pc/

ディスコと日本経済新聞が運営する「キャリタス」とベンチャー企業に特化した「パッションナビ」も抑えておいた方が良いだろう。

キャリタス
https://job.career-tasu.jp/2017/mytop/

パッションナビ
http://job.rikunabi.com/2017/

「逆求人」サイトとは?

しかし今日紹介したいのは、これらのサイトではない。いわゆる「逆求人」型と呼べるサイトだ。

上記のナビサイトでは通常こちらから、連絡を取らない限り、企業から返信が来ることはない。
一方「逆求人」型サイトでは、自己PRなどを登録するだけで、企業の方からコンタクトをとってきてくれるのだ。企業の側からは、説明会の案内や個別面談などを依頼してくることが多い。

代表的なサイトとしては、「オファーボックス」「アイルーツ」「キミスカ」などが挙げられる。

オファーボックス
https://offerbox.jp/offerbox/sindex

アイルーツ
https://iroots.jp/

キミスカ
http://kimisuka.com

狙い目の「逆求人」サイトはここだ!

筆者がここ3カ月ほどこれら三つのサイトを使ってみた感想だが、断然キミスカがオススメだ。理由はオファーがたくさん来るためである。オファーボックスはオファーは来るものの、わずか。アイルーツに至っては一軒もオファーをもらっていない。
就職するには、学生が働きたいと思うことと、企業が必要とする二つが必要だ。前者から始まる就職活動だけではなく、後者から始まる就職活動もぜひやるべきだ。そのために「逆求人」型サイトは欠かせない手段だ。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン