一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

早稲田で気候変動に関するイベントを開催



ダイヴェストメントの仲間を集めることを目的にイベントを開催した。
ビラを配ったり、貼ったりした甲斐もなく参加者は以前から知っている一人だった。
残念ながら、運動を広げるのは簡単ではない。

イベントで聞いた気候変動NPO「350.org」の古野さんの話で面白かったのは、簡単な算数の話だった。


現在国際交渉で合意されている世界の平均気温を産業革命前と比べて2℃未満に抑える目標を達成するには、565ギガトンしか二酸化炭素を排出できない。これを彼らはカーボン・バジェットと呼んでいる。
一方現在埋蔵量としてカウントされている化石燃料を全ても使用した場合に出る二酸化炭素は2860ギガトン。つまり2860-565=2295ギガトン分の化石燃料は、適切な気候変動規制の下では使えないことになる。

これが現実になれば、商社や石油・ガス採掘業者の持っている資産は一気に使えないものに変わる。「座礁資産(stranded asset)」と言われるゆえんだ。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン