一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

気候変動問題が内包する二つの不公正


気候変動問題は二つの不公正を内包している。
先進国民と途上国民の間の南北不公正と、現在世代と将来世代の間の世代間不公正の二つだ。

南北不公正は、気候変動の原因となる温室効果ガスの排出源のほとんどを先進国が占めるという事実から生まれている。
また途上国民は先進国民に比べて、気候変動の被害に対するレジリエンスが低く、国際社会に向けて声を上げることもできない場合が多い。

一方、世代間不公正は気候変動の被害をより受ける将来世代が現在世代に対して声を上げることができないという構造的な問題から生じる。
この問題もNPOなどが将来世代の利害を代弁することによって、克服することが試みられている。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン