読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

「新エネルギー」という概念のおかしさ

再生可能エネルギー



再生可能エネルギーに似た概念に「新エネルギー」という概念がある。「社会人」に似た日本独特の概念(英語ではalternative energy:代替エネルギーがこれに近い)で、1997年に制定された「新エネルギーの利用等の促進に関する特別措置法」通称「新エネルギー法」において定義されている。この法律において新エネルギーに含まれるのは以下である。


太陽光発電
太陽熱利用
風力発電
廃棄物燃料製造
廃棄物発電
廃棄物熱利用
バイオマス燃料製造
バイオマス発電
バイオマス熱利用
温度差エネルギー
雪氷熱利用
電気自動車(ハイブリッドを含む)、天然ガス自動車メタノール自動車
天然ガスコージェネレーション
燃料電池


新エネルギー法において再生可能エネルギーの評価は分かれた。新エネルギーとみなされたのは、風力発電太陽光発電、太陽熱発電であり、地熱発電水力発電は含まれなかった。
その代わり新エネルギーとして定義されているのは「天然ガスコージェネレーション」や「燃料電池」といった再生可能エネルギーとは関係ない分野である。こういった二次エネルギーあるいは省エネ措置に属する概念と、再生可能エネルギーの一部をいっしょくたにしたまことに首をかしげる概念が「新エネルギー」なのである。

新エネルギーという概念は実際の組織にも使われていて、「NEDO(新エネルギー産業技術総合開発機構)」や「新エネルギー財団」「新エネルギー導入促進協議会」などが存在する。


経産省の説明によれば「経済性の面での制約から普及が進展しておらず、かつ石油代替エネルギーの促進に特に寄与するもの(http://www.enecho.meti.go.jp/about/faq/004/)」が新エネルギーとして扱われている。
「雪氷熱利用」や「廃棄物燃料製造」といったニッチな分野と、太陽光発電風力発電をいっしょくたにした理由もよくわからない。


【参考文献】
自然エネルギーの可能性と限界――風力・太陽光発電の実力と現実解』

自然エネルギーの可能性と限界?風力・太陽光発電の実力と現実解?

自然エネルギーの可能性と限界?風力・太陽光発電の実力と現実解?


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン