一身独立

多動性を発揮し、「21世紀の百姓」を目指す27歳元エリートのブログ。

東京電力社員が言っていたこと、朝日新聞社員が言っていたこと



先週末の「福島復興再エネツアー」に参加した際に「やはりそう思っているのか」と思うことを彼らが言っていたので、共有したい。

ツアーの1日目に東京電力社員のお話を聞く機会があった。その際の資料によれば。東日本大震災のような震源同士が連動して起こる地震は国の機関も予測できなかったという。これは暗に、誰にとっても東日本大震災は「想定外」であったと言いたいのだと思う。結果としてその想定を上回る津波を、福島第一・第二ともに受け件の事故が起きたという。この説明を聞いて東京電力の責任を追求するか否かは、聴き手によるだろう。

2日目の「福島県再生可能エネルギー普及アイデアコンテスト」授賞式では、朝日新聞の社員から興味深い発言があった。その社員の方は、祝辞の中で「長い目で何が必要かは明らか」と言っていた。再生可能エネルギーのことを指しているのは、明らかだろう。朝日新聞再生可能エネルギーを擁護する記事や社説を多く書いている。その朝日新聞の社員の発言として「やはりそう思っているのか」と感じさせられた。


【参考リンク】
福島)再生可能エネ普及のアイデア、上位3受賞作決まる
http://www.asahi.com/articles/ASH6X4CMQH6XUGTB003.html


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン