読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

「福島復興再エネツアー」2日目

エネルギー自立 再生可能エネルギー 原子力発電 日本の包括的なエネルギー政策 現地レポート 電力システム 風力発電



6月27日から28日にかけて福島県主催の「福島復興再エネツアー」に参加してきた。
今日は2日目に訪問した場所についてレポートしたい。

まず訪問したのは、いわき市と田村町にまたがる「滝根小白井ウィンドファーム」だ、

f:id:flatenergy:20150628083312j:plain
f:id:flatenergy:20150628083525j:plain

この風力発電所は、豊田通商東京電力が共同出資しているユーラスエナジーが運営している。

f:id:flatenergy:20150628092317j:plain

2000KW(キロワット)の風車が23基並んでおり、一般家庭3万世帯分の電力(46000KW)を供給している。
計画開始から着工までのリードタイムはおよそ3から5年。
設備利用率は一般的な陸上風力の20から25%を上回るという。


続いて「ロハスの家」について研究している日本大学の郡山キャンパスを訪問した。
ロハスの家」とは、簡単に言えば水やエネルギーを自給する家のことであり、環境負荷を極限まで低減させた家のことだ。
特に印象に残ったのは、地中熱を活用している点だ。地中熱とは夏は外気より冷たく、冬は外気より暖かい地中の熱を利用して冷暖房を行うシステムのこと。以前都心で取り組んでいる人がいるが、規模の小さい家では実現が難しいなど課題も多いと聞いていた。

これがあえてガラス張りという人間の生活しやすい環境での実験を行っている2号棟。

f:id:flatenergy:20150628123156j:plain

このチューブが地中につながっている。

f:id:flatenergy:20150628123535j:plain

実用化を目指して研究しているが、現状のコストでは採算は合わないという。


福島県は首都圏の電力の3割を供給していた。福島第一と第二という二箇所の原発、そして広野の石炭火力や猪苗代湖の水や只見川の水によるものだ。
特に福島県はその雄大な自然によって水力発電で、首都圏のエネルギー後背地としての使命を果たしてきた。
会津電力の佐藤弥右衛門も言うように、それらは福島の自然であり福島県民のために利用されるべきだが、現状そうなっていない。
福島県は2040年までに再エネで100%賄うという目標を掲げている。その目標を達成するためには、我々のエネルギー資源は我々のものだという、福島県民の「エネルギー・ローカリズム」が発揮されていく必要があるだろう。

それにしても、この2040年目標を立てたこと自体が賞賛に値する。県のエネルギー課の課長によれば、議会・県知事・職員いずれも反対がなかったという。
福島県がこの壮大な目標を達成できるか。注目していきたい。

【参考リンク】

www.asahi.com


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン