読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

市民エネルギー事業の意義


それは大企業への富の集中を防ぐことにある。

新聞に取り上げられていた秋田で風力発電に取り組む人と、世話になっている市民エネルギー事業を運営している人が同じことを言っていた。

現在ほとんどの自治体では、地域内でエネルギーとお金の循環はなく、灯油やガソリンなどのエネルギー費用として域外にお金が流出している。地域にあるほとんどのエネルギー資源は東京の大企業が地域にやってきて開発し、地域には固定資産税しか落ちていかない。
しかし地域内にエネルギー資源を開発する市民エネルギー事業者や地域企業連合があって、そこから必要なエネルギーを買えば、エネルギーもお金も地域内で循環し経済活動が活発になり雇用も生まれる。
このような好循環を生むことが地域の持続的な発展に寄与することを確信しているからこそ、地域・市民エネルギー事業に取り組む人たちは後を立たない。

【参考リンク】
目指すのはメイド・イン秋田 

http://www.asahi.com/articles/DA3S11609451.html


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン