読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

【書評】『再生可能エネルギーの社会化――社会的受容性から問いなおす』

再生可能エネルギー 書評


今日紹介するのは昨年12月に出版されたばかりの本だ。

再生可能エネルギーには地球温暖化への対応や国産エネルギーの開発という期待や、地域の未利用資源の活用という期待が寄せられている。

本書はそんな再生可能エネルギーを普及させていくことが現実的な選択肢であることを前提としている。そして普及の過程でどのような課題が生じるかを多面的に、特に分散型再生可能エネルギーの立地地域の住民生活にどうすれば資するかどうか分析している。

ただバランスのとれた良著である反面、著者の意見が見えにくく、もどかしく感じる場面もあった。

再生可能エネルギーの社会化 -- 社会的受容性から問いなおす

再生可能エネルギーの社会化 -- 社会的受容性から問いなおす


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン