読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

【連携書評まとめ】再生可能エネルギー信者に読んでほしい『エネルギーの不都合な真実』

書評


本書の最後に著者がエネルギー問題にまつわる数々の「神話」に惑われないための方法を挙げているので、少々長くなるが引用したい。


「第1に、将来採用される新しいエネルギー源について、あるいはエネルギー変換技術について、そのペースやタイミングや規模を強く、無条件に主張している者は信用してはいけない」


「第2に、古い資源の持続性と適応力を過小評価してはいけない」


「第3に、証明されていない新たなエネルギーやプロセスを、あらかじめ描いていたイデオロギーや社会の型に適合するというだけで、無批判に受け入れてはいけない」


「第4に、大規模な、そしてたいていは多大な費用のかかるインフラがあって初めて、新しいエネルギーの供給・使用方法が広く採用されるということを頭に入れておこう」


「第5に、エネルギー移行は本質的に長い期間を要する出来事で、数年ではなく、数十年も続くものだということを覚えておいてほしい」


「最後に、そして残念かもしれないが、理屈を訴えるだけでエネルギー神話を根こそぎにできるというような幻想を抱いてはいけない」



いかがだろうか? 著者のエネルギー問題に関する地に足の着いた視点の一端がうかがえたのではないだろうか。

再生可能エネルギーにまつわる言説は、ともすれば容易に「神話」になりかねない。
改めてこの本の特筆すべき点を挙げるとすれば、エネルギー問題にまつわる数々の「神話」を定量的なアプローチで適切に批判している点だ。

エネルギー問題初心者のみならず、すべてのエネルギー問題に関心のある人にオススメできる本である。

エネルギーの不都合な真実

エネルギーの不都合な真実


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン