読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

【連載書評】『エネルギーの不都合な真実』第8章

書評


第8章のタイトルは「エネルギー移行のペース」

この章も流れは同じだ。急速なエネルギー・シフトを掲げる論者を定量的なアプローチで批判し、切って捨てている。
そしてエネルギー移行に共通する点を指摘している。

ゆっくり進む理由

「すべてのエネルギー移行に共通することが1つある。どれも達成までに数十年を要する長期的事業だということ、そして、使用と変換の規模が大きければ大きいほど、置き換わるまでに長い時間がかかるということである」(p235)

つまり代替する対象が莫大であれば、代替には時間がかかる。
化石燃料原子力再生可能エネルギーで代替するには、時間がかかる。
著者曰く、自明の理のようだが、しょちゅう無視されている。

読者諸兄も壮大な構想を飛躍的速度で実行するというホラには、騙されないように注意していただきたい。

エネルギーの不都合な真実

エネルギーの不都合な真実


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン