読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

【現地レポート】そらべあワークショップ

太陽光発電 現地レポート

f:id:flatenergy:20140923144017j:plain


9月23日に友人が主催する「ベランダ発電」のワークショップに行ってきた。

全体の流れとしては、「そらべあ基金」および「GQパワー」理事の大島浩司さんがベランダに置いておけるサイズの太陽光パネルとそらべあというキャラクターをあしらった蓄電池を用いた生活について説明しながら随時質問に答えるという形式だった。

f:id:flatenergy:20140923134525j:plain
太陽光パネルと蓄電池について説明する大島さん

f:id:flatenergy:20140923134356j:plain
同上


個人で自分が使うエネルギーを太陽光発電で賄おうと考えた場合に持ち家の屋根に乗せるのは、お金さえあれば簡単だ。しかし集合住宅に住んでいる場合、屋根の上は無論共有物である。そこでベランダで使えるサイズの太陽光発電を集合住宅に住んでいて、かつ太陽光発電を導入したい人々に太陽光パネルと蓄電池のセットを使ってもらおうという訳だ。

まずは大島さん曰く、普段の太陽光パネルと蓄電池の使い方は、


1)太陽光パネルをベランダの椅子の上において発電
2)手動で椅子を動かして太陽を追尾し、発電効率アップ
3)太陽光パネルによって充電された蓄電池を、スマートフォンやノート・パソコンの電源として利用


という流れとのこと。
スマートフォンやパソコンの利用なら、十分に蓄電池だけで賄えるそうだ。

「私が持っているMac Book Airを充電するにはどうすればよいか」を質問してみたところ、「DCDCアダプター(直流から直流で、ボルト数を落とすためのアダプター)よりも、DCACアダプター(直流から交流に変換するアダプター)の方がWindowsのノート・パソコンでも使えて汎用性が高い」との回答を頂いた。
他の用途としてはやはり停電時のバックアップ電源だという。だから天気が曇りの際には意図的に蓄電池を使い切らないようにしているそうだ。

f:id:flatenergy:20140923135622j:plain
蓄電池にはUSBポートが2個とDC(直流)12Vのポートが付いている。

f:id:flatenergy:20140923135629j:plain
そらべあをあしらった蓄電池


非常時にUSBポートから使える照明やスマートフォンを充電できる機器があれば、非常に有難い。

質疑応答の中で課題として上がったのが保証期間が未定ということだ。確かに家電製品の一つとして考えた場合、消費者に安心感をもたらすために必要なものだろう。

ユーザーは、集合住宅住まいで40, 50, 60代の方が多いそうだ。

ワークショップ後に個人的にGQパワーの方に質問した中でも挙がったのが、若い世代への訴求だった。
率直に言って非常用の製品と考えれば、値段が高く(セットで50,000円を越える)若い世代を含むアーリーアダプター層には見向きもされないと思う。自分が経済的に自活していたとしても、すぐに買いたいとは感じなかった。
かといって、持ち歩いてかばんに入れるには大きすぎる。
この課題をどう解決するか。今後も注目していきたい。


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン