一身独立

多動性を発揮し、「21世紀の百姓」を目指す27歳元エリートのブログ。

【ノート】全世界の「エネルギー貧困」に関するデータが集まった。



ミレニアム開発目標」には含まれなかったエネルギー分野の国際的な開発目標づくりへ向けて、大きな前進だ。

「世界銀行」の調査によれば、12億人もの人々は電力にアクセス出来ない。28億人もの人々は薪や排泄物などの伝統的なエネルギーを利用している。

伝統的なエネルギーしか使えないことの、人々の生活への影響は甚大だ。

電力にアクセス出来ないため灯りを灯油ランプに頼ることになる。一旦夜になれば人々は暗がりの中に置かれ、勉強や営業が出来なくなる。
情報にアクセス出来ないため、居住地域以外の知識が限られる。
不衛生な調理や暖房の廃棄によって、呼吸器疾患に苦しむことになる。

必要なデータが集まらなければ、対策はとれない。

「万人のための持続可能なエネルギー('Sustainability Energy for All')」達成のための具体的な目標を作成する作業にこれから入るだろう。


【参考】
Press Release:First Set of Global Data on Energy Access, Renewable Energy and Energy Efficiency Released
http://www.worldbank.org/en/news/press-release/2013/05/28/first-set-of-global-data-on-energy-access-renewable-energy-and-energy-efficiency-released


にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン