読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エネルギーで一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

電力システム

日本も「シャロー方式」を導入せよ。

新たに開発された再生可能エネルギーの系統連係の方式には、「ディープ」方式と「シャロー」方式がある。系統とは、電力網のことを指す。前者は発電事業者が系統連係にかかる費用を負担する仕組みで、後者は系統運用者が負担する仕組みだ。日本では、「ディ…

「仮想発電所(VPP)」の可能性

最近、「仮想発電所(VPP:Virtual Power Plant)」について調べている。 「仮想発電所」とは、複数の分散型発電・蓄電設備を情報通信技術によって制御し、複数の設備を一つの発電所の様にみなして、電力を運用する概念である。発電事業者のみならず、家庭の…

再生可能エネルギー普及政策の三分類

今日は再生可能エネルギー普及政策について解説していきたい。 再生可能エネルギー普及政策には、大きく分けて三つの分類がある。 固定枠制度(RPS) RPS(renewable portfolio standard)とは、電力事業者に一定量の再生可能エネルギーの導入、もしくは再生可…

我が家の電気を新電力に変えて2カ月。

2か月前に我が家(4人家族・戸建)の契約電力会社を「東京電力」から「looop」に切り替えた。2016年4月に電力小売りが全面自由化されたことは知っているものの、電力会社を切り替えていない人も少なくないのではないだろうか。今日はまだ電力会社を切り替…

再エネ業界のオピニオン・リーダーのインタビュー

先日「ベースロード電源」に固執するリスクを指摘した記事を書いた。flatenergy.hatenablog.comこれと同様の意見を、再エネ業界のオピニオン・リーダーの一人である飯田哲也氏が述べているインタビューが発表されたので、紹介したい。http://kokocara.pal-sy…

発想の転換を迫られる「ベースロード電源」という虚構

欧州の動向を見ると、日本の電力供給は根本的な発想の転換を迫られていることが理解出来る。私が話をしたり、著作を読んだ日本のエネルギー専門家の多くは、「変動型再生可能エネルギー(風力発電、太陽光発電)の大規模導入には、バックアップ電源が必要で…

【ディスカッション・ペーパー】日本も優先給電を導入すべきだ。

再生可能エネルギー普及を優先するならば、優先給電はFIT(再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度)と並ぶ重要政策である。優先給電とは、再生可能エネルギーで発電した電力を優先して系統に取り入れることである。日本では、その原則が徹底されておらず…

「電力自由化に関する意識」調査

読者諸兄は既に電力会社を切り替えただろうか?4月に始まった電力小売り全面自由化。現在低圧で電力会社を切り替えた人は8月時点で2.2%、東京電力管内では3.9%だそうだ。 切り替えた人たちは、ちょうど「イノベーター理論」でいうイノベーターだ。我が家も…

途上国のエネルギー開発における再生可能エネルギーの位置づけ

久々の更新になってしまった。 今日は途上国のエネルギー開発について少し書きたい。先日某総合電機メーカーの役員の講演を聴く機会があった。 そのメーカーは地熱発電のシステム製造事業を長年世界で展開しており、小規模なものも開発するなど、途上国が導…

電力会社選びの相談に乗るよ。

「タイムチケット」という自分の経験や仕事を売れるサービスがある。TimeTicket[タイムチケット] https://www.timeticket.jp/そこで「電力会社選びの相談」にのるチケットを売り始めたので、紹介したい。 タイムチケット「電力会社選びを手伝います。」with …

【気になるニュース】テスラが「美しい」太陽光パネルを発表

先週、アメリカのベンチャー企業のテスラが、新しい太陽光パネルを発表した。この太陽光パネルは、従来の工業製品の延長のような外観ではなく、見る角度によって光り方が変わるなど、美しさにこだわった製品だという。経営者のイーロン・マスクの発想では、…

「自然エネルギー財団」の求人紹介

起業家の孫正義が出資してつくられた「自然エネルギー財団」という組織がある。 再生可能エネルギーに関わる政策提言を行っている。ここが研究員を募集しているので、紹介したい。http://www.renewable-ei.org/info/recruit.php 了

エネルギー実務家との討論

先日エネルギー畑で仕事をしてきた方の話を聴く機会があった。彼は私と見解が異なるので、質疑応答でやりあった。 彼の見解では、「脱原発は時間がかかるし、ベースロード電源として、石炭火力発電が必要」とのことだった。私の見解は、「気候変動対策を考え…

【気になるニュース】夢物語が現実に?! ポルトガルが4日間再エネ100%での電力供給を達成

http://www.independent.co.uk/news/world/europe/portugal-runs-entirely-on-renewable-energy-for-four-consecutive-days-a7035561.html気候変動対策を訴える団体がしばしば使うフレーズが「再エネ100%(での電力供給)」だ。筆者も(いくら平滑化の効果が…

電気の産地を気にする時代の到来?!

食品の産地を気にするように、電気の作られ方を気にする時代が来る? 4月からの低圧向けの電力自由化について、さかんに報道が流れている。しかし焦点は価格が下がるかどうかに当てられ、再生可能エネルギー由来の電力を支持する方法として、電力自由化を語…

【書評】『今こそ、風力』

9/6に紹介した「日本の知らない風力発電の実力」と並んで、この本も日本における風力発電の潜在性を主張するものである。現状の電源に占める風力発電のシェアは、EUが5.5%, アメリカと中国が2%, 日本は0.4%と後塵を拝している。 日本で風力発電が普及してい…

【書評】『誤解だらけの電力問題』

この本は東京電力で働いていた著者が、電力業界の内と外の両方の目線から電力問題を俯瞰した本である。 補論として一番最後に書かれていた電力会社・電力業界の体質論が一番興味深かった。原発再稼働を必要だと言って目指す電力会社は一般の人から「懲りてい…

「福島復興再エネツアー」2日目

6月27日から28日にかけて福島県主催の「福島復興再エネツアー」に参加してきた。 今日は2日目に訪問した場所についてレポートしたい。まず訪問したのは、いわき市と田村町にまたがる「滝根小白井ウィンドファーム」だ、 この風力発電所は、豊田通商と東京電…

「福島復興再エネツアー」1日目

6月27日から28日にかけて福島県主催の「福島復興再エネツアー」に参加してきた。 福島県は、2040年までにエネルギー需要を再エネで100%賄うという目標を掲げている。特に再生可能エネルギィに注力している県だ。その福島県で行われている取り組みを以下に紹…

【書評】『再生可能エネルギーの真実』

本書の有用性は、他の書籍ではあまり取り上げられない洋上風力発電や波力発電、潮流発電に紙幅を割いている点である。全く知らなかったことも多く、大変参考になった。著者の主張はエネルギー全体の中での再生可能エネルギーと再生可能エネルギー内でのポー…

WIREDが面白い試みをしている――PPS市場トップのトップへの公開質問募集

2016年のエネルギー業界の最大のニュースは、何と言っても家庭用電力の小売自由化になるだろう。 そんなトレンドの先取りを、先進的なアイディアや取り組みを取り上げることに定評のある雑誌であるWIREDが行っている。それはPPS(電力を顧客に小売している電…

【書評】『自然エネルギーQ&A』

本書は孫正義氏の肝いりで創られたシンクタンク「自然エネルギー財団」が、一般人向けにつくった再生可能エネルギーに対する疑問への回答をまとめた本だ。再生可能エネルギーについて短い時間で概要を知りたい方にオススメできる。 500円(税抜き)と安価な…

【書評】『精神論ぬきの電力入門』

本書は新書サイズで電力に関する様々な論点について淡々と著者の意見が述べられている。 以前雑誌の記事で発送電分離に懐疑的な見方をしていた著者の記事を読んだが、やはりそのような内容だった。著者の意見は極めて堅実で「電力全面自由化」や「再生可能エ…

「多摩循環型エネルギー協会次世代リーダー育成プログラム」第2回会合

12日の土曜日に「多摩循環型エネルギー協会次世代リーダー育成プログラム」の第2回会合に参加してきた。 「(再生可能エネルギーに)自信を持たせたい」 まず「自然エネルギー財団」の古山さんの「自然エネルギーの盛り上げ方を考える」と題したプレゼンテー…

【書評】『コミュニティ発電所――原発なくてもいいかもよ?』

以前一読した本だが、現在私が関わっている事業に直接関わる本なので再読してみた。3.11の原発事故以後、地域に根ざした再生可能エネルギー事業の取り組みが注目されるようになった。本書はそのような地域での再生可能エネルギー事業に取り組む上での心構え…

【書評】『マグマ』

本書は3.11以前の2006年に地熱発電を取り上げた経済小説であり限りなく現実感がある。 著者は、外国資本ファンドによる日本企業への敵対的買収を描いた「ハゲタカ」や日本の支援による中国での原子力発電所開発を描いた「ベイジン」などの著書がある。ビジネ…

【ディスカッション・ペーパー】自然エネルギーの地域主権化(天然資源の恒久主権決議を手本に)

長野県飯田市が4月1日より施行した条例には「地域環境権」なるものが明記されている。 【参考】 飯田市再生可能エネルギーの導入による持続可能な地域づくりに関する条例原案http//www.city.iida.lg.jp/iidasypher/open_imgs/info/0000000212_0000018755.pdf…

【映画評】『シェーナウの想い』

「シェーナウの想い(Schönauer Gefühl)」は、ドイツの片田舎の住民がチェルノブイリ原子力発電所事故をきっかけに原子力フリーの電力供給のために奔走する過程を追ったドキュメンタリィだ。 一般市民が電力会社や州政府との交渉等の課題をクリアし地域電力会…

【書評】『電力改革』

筆者は「日本電力産業発展のダイナミズム」などの著書がある電力・エネルギー産業の研究者。経済産業省「総合資源エネルギー調査会基本問題委員会」委員を務めていた。 筆者は基本的な認識として、ビジネスモデルの歴史的大転換が必要と訴えている。そのため…

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン