一身独立

自由・自立・自律と、エネルギー問題を中心にサステナビリティに関する有益な情報を提供するための記事を書いています。

石油

EVは石油をマイナーにするか。

EV(電気自動車)の普及が待たれて久しい。自動車やバイクの燃料である石油製品の需要がなくなれば、温室効果ガス排出の削減にも貢献する。では実際にEVが市場のシェアのほとんどを占めた場合、石油の需要はどうなるのか。 エネルギー白書より引用エネルギー・…

輸入に依存する化石燃料:その三つのデメリット

エネルギー問題に少しでも興味を持ったことのある人なら、「日本のエネルギー供給は、輸入される化石燃料に依存している」という事実を耳にしたことがあるだろう。2014年の一次エネルギー供給に占める化石燃料の割合は、92%であり、2013年度の海外からの化石…

銀行選びの新たな基準を提示する"My Bank, My Future"キャンペーン

読者諸兄は、どこの金融機関に口座を持っているだろうか。私が出入りしている気候変動対策NPOの"350.org"の日本支部が、キャンペーンのwebサイトを発表したので、紹介したい。http://mybankmyfuture.org/"My Bank, My future"キャンペーンは「口座を変えると…

「石油資源開発(JAPEX)」訪問

先日「国際資源・エネルギー学生会議」のメンバーと一緒に日本国内の石油・天然ガス開発を語る上で欠かせないプレーヤーである「石油資源開発(JAPEX)」のオフィスを訪問して技術者から話を聞く機会があった。今回話を聞くにあたって1)石油の上流部門に対す…

竹村真一の講演を聞いて

試験もあってだいぶ久々の更新になってしまった。脱石油・脱原発は経済合理的だと主張している竹村真一氏の講演を聴く機会があった。中国で既に原子力発電の年間発電量に風力発電の年間発電量が追いついた事例を証左にして、エネルギィ自立と気候変動対策を…

「国際資源・エネルギー学生会議」の会合に参加してきました。

昨日は「国際資源・エネルギー学生会議」という団体の会合に参加してきました。まだできたばかりの学生団体で、団体の通称も定まっていないような状態だが、既に商社でエネルギー資源を扱っている方を呼んだり、石油に関する勉強会を開いたりして活発に活動…

【書評】『世界がわかる石油戦略』

この本の評価はあまり高くない。 専門家が世界の石油情勢について分析を披露するという点では、日経文庫の「石油を読む」などの方が理論への言及にページが割かれていてより有用だと感じた。【書評】『石油を読む』 - サステナビリティの時代flatenergy.hate…

【書評】『石油を読む』

この本の素晴らしい点は「国際石油市場の実態とは?」という疑問に答えている点にある。ほとんど知られていない事実についても、多く述べられているのでその一部を紹介したい。 1)OECD諸国は全世界の石油の生産量の3割を占める。この割合は中東諸国とほぼ同…

【書評】『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました』

ユーグレナという会社が何を目指しているかは、既にまとめているので別記事を参照して欲しい。flatenergy.hatenablog.comこの本を読んで感じたことの一つにエネルギー・リテラシーの問題がある。エネルギー技術に関わるリテラシーにおいて、欠かせない要素の…

【書評】『世界を動かす石油戦略』〜一流のエネルギー・アナリストから学ぶ3つの基礎知識〜

この本は5年前に初めて読んで、エネルギー問題のダイナミクスと面白みを教えてくれた思い出深い本だ。 またエネルギー問題に興味を持ったものなら抱くであろう、以下の3つの疑問に明確に答えてくれる本でもある。 1. なぜ石油が重要なのか。 石油は常温常圧…

世界初! ミドリムシの大量培養に成功した「ユーグレナ」の3つの驚くべき取り組み

以前から気になっていた企業が、テレビで特集されていたので視聴してみた。 「ミドリムシ」を活用したビジネスを展開している「ユーグレナ」という企業だ。そのユーグレナが主に取り組んでいるのは、以下の3点だという。 食料供給 すでに実用化されていて、…

【気になるニュース】老朽化した火力発電所の運用

現在大飯原子力発電所4号機が定期検査に入り、再び日本全国で一基も原子力発電所が稼働していない「原発ゼロ」の状態となった。にも関わらず大規模な停電は起きていない。特に原子力発電無しで真夏を乗り切った電力会社の管内では、「原発がなくても電気は足…

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン