一身独立

多動性を発揮し、「21世紀の百姓」を目指す27歳元エリートのブログ。

座礁資産

エネルギー自給のメリット・デメリットを思いつく限り挙げてみた。

【目次】 デメリット1:既存のインフラが無駄になる。 デメリット2:化石燃料産業従事者が失職する。 デメリット3:代替のインフラを考案・構築しなければならなくなる。 メリット1:地域外・海外への富の流出がなくなる。 メリット2:供給途絶リスクが…

自然変動型再エネ普及に付随する火力発電の稼働率低下

再生可能エネルギーの普及政策には様々な手法がある。そのうちの一つに「FIT(固定化価格買い取り制度)」を機能させるために不可欠な「優先給電」がある。「優先給電」とは、再生可能エネルギーによって発電された電力を、他の電源より優先して電力系統に供…

【イベント・レポート】金融機関と気候変動リスク

今日は火曜日に参加した"A SEED Japan"主催のイベントの報告と感想を書きたい。まずは環境学者の明日香教授から、気候変動問題の全体像について話があった。興味深かったのは、気候変動をめぐる裁判が各地で起きているというまとめだった。例えばアメリカで…

(IRESA用)「炭素制約:化石燃料依存から早期に脱却すべきか」

注:IRESAの6月25日の勉強会用の記事である。「反点授業」を行うので、こちらの記事を読んで自分の意見を固めた状態で、当日参加して欲しい。キーワード:気候変動(climate change)、気候正義(climate justice)、炭素予算(carbon budget)、座礁資産(strande…

早稲田で気候変動に関するイベントを開催

ダイヴェストメントの仲間を集めることを目的にイベントを開催した。 ビラを配ったり、貼ったりした甲斐もなく参加者は以前から知っている一人だった。 残念ながら、運動を広げるのは簡単ではない。イベントで聞いた気候変動NPO「350.org」の古野さんの話で…

「座礁資産」というアイディア

オックスフォード大学の研究所が提唱している「座礁資産(stranded assets)」というアイディアがある。これがなかなか面白い。気候変動による影響を最小限に抑えるために「産業革命前と比べて世界の平均気温上昇を2℃以内に抑える」目標を達成するには、現在…

にほんブログ村 環境ブログ エネルギー・資源へ
にほんブログ村 ↑ブログ・ランキング参加中です。 クリックしていただけると嬉しいです。
社会・政治問題 ブログランキングへ サンプル・モニターの口コミ広告ならブロカン